『ブランド買取業者どこがいい?』日本全国対応の宅配買取がおすすめ!ブランド買取比較調査から導き出した厳選10社をご紹介!

ブランド買取査定額が安すぎる!そんな場合の対応策をご紹介

もっと高く売れる方法はないの!?
ブランド買取査定額が安すぎる!そんな方に別の手法をご紹介

 

ハイブランド品なのに数千円の査定はひどい!?

『ハイブランド品、未使用、購入価格50万円以上したのに、買取査定額が数千円しかつかなかった』残念ながらこのようなケースは、それほどめずらしい事例ではありません。ブランド買取サービスは、購入価格に対して査定額を提示しているわけではなく、リユース市場での相場に対して査定額を提示しています。たとえ高額な商品でも、消費需要が無くては価格はつかないのです。

方法その1.
最適なブランド買取業者を探してみる

宅配買取業者のほとんどが、買取した商品を自社直販サイトで販売をしています。この販売サイトには特徴があり、取扱商品の種類や価格帯も異なります。たとえばアパレル商材をメインで販売している業者に対して、数百万円を越えるブランドバッグの買取査定を依頼するのは間違いだと言うことです。高額査定は販路があってこそ成り立つものなので、買取商材に対して販売実績の高い業者を探すことが大切なのです。下記リンクなどを参考にして、もう一度別の買取業者を探してみましょう。

方法その2.
ネットオークションに出品する

オークション代行業者がおすすめ

2番目は、ネットオークションを利用する方法です。時間は掛かりますがブランド買取業者よりも高く売れる可能性はあります。ヤフオクへの出品方法に関して、無料で出品できるヤフオク代行サービスというお手軽なサービスをご紹介します。オークション代行業者とは「ヤフオク」に商品の出品を代行してくれるサービスです。商品の写真撮影からコメント記事・ページの作成、落札処理から商品発送まで行ない、落札者より徴収したお金を指定の口座に入金してくれます。利用者がするべきことは「WEBサイトからの申込」「届いた宅配ボックスで発送」の2つだけで完了します。

オークション代行業者の費用

当サイトが推薦している「QUICKDO」というサービスに限定すれば、落札された場合にのみ手数料が発生します。(※落札価格に応じて8%~の手数料)落札金から手数料が差し引きされて入金されます。商品が落札されなかった場合には手数料無料で返送されます。

自分でオークションに出品するよりもお得な理由とは!?

ブランド商品はニセモノなども存在するため「個人出品」よりも「ストア出品」の方が商品に対しての信頼度が高くなります。つまり入札件数も多くなり、落札価格も高額になる傾向が高いと言えますね。オークションを利用しない方にとっては、アイコンだけの違いのように感じるかもしれませんが、高額な商品になるほど影響度が高いと考えていいでしょう。

実績No.1のオークション代行業者:当サイト推薦

QUICKDO(クイックドゥ)

2012年5月にサービスを開始した比較的最近ではありますが、わずか2年で業界トップトップクラスの存在に飛躍しています。サービス・料金ともに最安値クラスなのはもちろんのこと、代行アカウントは最高ランクのダイヤモンドであり、ヤフオク総合ランキングでも上位に入る信頼感が大きな魅力です。

方法その3.
独自の販売ルートがある買取業者を利用する

ネット相場に依存しない買取査定額

全国展開している宅配買取業者の多くが「ヤフオク」などのネットオークションを利用した転売で利益を出しています。買取査定額はネットオークションの落札相場に大きく依存しているため、オークションで売れないものには必然的に高額査定はつきにくいのが現状です。そこでネットオークションの相場だけに依存していない、独自の販売ルートをもっている業者を利用してみましょう。当サイトが推薦するのは「ブランド買取専門/スピード買取.jp」というサービスです。宅配買取業者のなかでも、ひときわ運用実績が長く、ブランド品だけでなく、着物、切手、古銭、毛皮、お酒、骨董品、金券など、幅広い商品の買取を行っています。

着物の買取は「スピード買取.jp」に任せた方が良い理由とは
ネットオークションに出品しても高値がつきにくい商材をご存知ですか?たとえば「着物」などもあてはまります。着物は呉服店では高値で販売されていても、個人間取引になった途端に驚くような安値で取引されます。このような要因となるのが販売者の信頼感です。個人よりも呉服店や百貨店のような、専門的な知識を保証された存在が販売してこそ正当な価格での取引が実現するのです。着物のように”価値のわかりづらい商材”の場合には、オークションよりも買取業者の方が、あっさり高値で売れる可能性があると覚えておきましょう。判断基準は(○○万円で買ったという言い回しをするもの)例えば、毛皮、着物、古銭、切手、骨董品など専門的な知識が必要なものです。もちろん高額ブランド商品も同様です。

ブランド買取業者の比較

『商品カテゴリ別』買取業者おすすめランキング

ブランド買取に関する豆知識

 

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

PAGETOP
Copyright © ブランド買取比較ガイド! All Rights Reserved.